So-net無料ブログ作成

映画「クリムト 黄金のアデーレ」は実話なの?(ネタバレなし) [2015予告]

2015年11月19日
映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」の特別試写会が都内で公開された。

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、
グスタフ・クリムトが描いた肖像画を取り返す衝撃の実話である。

別でネタバレあらすじを公開していますが、
これが実話だなんて驚きです。

目次

①「黄金のアデーレ」とは?
②実話のストーリー
③日本文化の影響を受けている?
④現在はニューヨークに展示?



スポンサードリンク








この映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」の試写会には、美術評論家兼タレントの山田五郎さんも登場した。

そして、山田五郎さんの視点から見た、この名画の日本文化の影響を語った。


名画<黄金のアデーレ>は、
《オーストリアのモナリザ》とも呼ばれて、
この映画の主人公とも言える。

正式には、
「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」
と言う。

画家であるクリムトが、1907年に描き上げたもので、一番の代表作と言える。

世界で考えても、
5本の指に入る超高額な絵画である。

②実話のストーリー


今回の映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」では、
ヘレン・ミレンが主役を演じる。

ヘレンがオーストリア側を相手に、叔母がモデルとされた名画を取り返す様子を描いた映画です。

③日本文化の影響を受けている?


山田五郎さんによると、
「黄金のアデーレ」は、日本文化の影響を大きく受けた作品だと語った。

「ウィーン」は職人の色が濃く、
実はクリムト自身も工芸学校を卒業している。

絵画的な描き方ではなく、
どこか装飾的な技術的な表現がなされているようだ。

具体的に
「アデーレのドレスが金碧障壁画的な表現がされている」
と語った。

④現在はニューヨークに展示?


第二次世界大戦の中、
<黄金のアデーレ>はナチスに盗まれるなどして、波乱の運命を辿った。

現在は、
ニューヨークのノイエ・ギャラリーに飾られている。

ニューヨークに行った時には、
是非とも寄ってみたいですね。
(あまり行く機会はありませんが…)

「美術品とはいったい何なのだろうか?」
改めてそわなことを考えさせられる映画となっている。

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、
2015年11月27日(金)全国で公開。


人気記事

映画「黄金のアデーレ」のネタバレあらすじ
http://saisineiganetabare.blog.so-net.ne.jp/2015-11-23

以上
『映画「クリムト 黄金のアデーレ」は実話なの?(ネタバレなし)』
でした。

■この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。
ベイマックスのネタバレ公開!
映画「想いのこし」のネタバレ公開! 
映画「寄生獣」のネタバレ公開!
映画「神様の言うとおり」のネタバレ公開!
映画「アオハライド」のネタバレ公開!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。